CONCEPTアイネストの紹介

DESIGNED HOUSE

デザインドハウス

アイネストの
デザインされつくした邸宅

DREAMseries AVANTseries

住まいは、人が主と書きます。
人が住み始めてから価値が問われる商品です。
これから住まうご家族の未来が、寛ぎと笑顔に満たされる。
そんなライフスタイルを生涯育むものでなければなりません。
私たちアイネストの仕事は、個性を競う住宅作りではなく、
お客様ならではのライフスタイルを創造していくこと。
そのために必要なことは、すべて細部まで
「デザインし尽くす」という意味で、
「Designed House」のコンセプトは生まれました。

その人の、そのご家族の、
描きたい未来のために。
ライフスタイルの歓びを
提案するアイネストのシリーズ。

DREAMseries

東京という限られた土地空間で
ライフスタイルを愉しむために、
自然と触れあうルーフバルコニーや、
子どもたちの
隠れ家のようなロフトスペースを
設けているのも魅力的。
住まう人の夢を徹底的にひとつひとつカタチにした、
デザインコンシャスな作品です。

MORE

AVANTseries

東京の都心部でありながら、
土間のある暮らし、
見事な中庭に人々を招き四季を愛でる歓びなど、
豊かなライフスタイルを
心おきなく愉しんでいただけます。
常に一歩先を見つめる人の満足を
極めた作品です。

MORE

3 BUSINESS DOMAIN

3つの事業

私たちアイネストは、次の3つの事業を柱としています。
その人のライフスタイルの夢を育む新築分譲住宅の「ディベロップメント事業」、投資用不動産の新たな価値と収益を創造する「ソリューション事業」、そして中・長期の市場性および収益性を見極めて運用する資産の「マネジメント事業」を展開しています。

ディベロップメント事業 マネジメント事業 ソリューション事業

ディベロップメント事業イメージ

ディベロップメント事業

私たちは、新築分譲住宅のオピニオンリーダーとして常に注目を集めています。その理由は、東京の都区部ならではの上質な土地を見極めるノウハウ、他に類を見ない品格と住空間を企画・設計することへのこだわりにあります。

人々を魅了する優美な「DREAM」シリーズ、贅を極めた最上質の「AVANT」シリーズの住宅は、住まう人にとってまさに作品として愛され続けています。

また、2020年より始まる新省エネ基準対応、高齢化社会の到来を見据えた住環境構想など、新たな時代に向けて取り組む挑戦を行います。

ソリューション事業イメージ

ソリューション事業

投資用不動産の開発は、住環境の流行を取り入れるだけでは新たな価値や収益を生み出せません。都心環境を知り尽くしたアイネストは、高級分譲住宅の知識と経験を活かし、高付加価値な収益不動産として独自のイノベーションを実現しています。

またリノベーションにおいても、デザイン性、動線や目線への配慮、プライバシーなど、すべてに新たな価値を与えます。

マネジメント事業イメージ

マネジメント事業

ビル・マンションなどの収益用不動産を多数所有し、賃貸運用を行っています。また当該物件の将来性と収益性を見極め、管理・維持も行っています。

POLICY

アイネストのこだわり

  • Listen
  • Sight
  • Details
  • Fulfill
  • その土地の声を聞イメージく

    Listen

    その土地の声を聞く

    たとえ10数坪であっても、数100坪であったとしても、その土地が存在することには特別な理由があります。その声に耳を傾け、風の声、光と影の声、そして四季の声に耳を澄ますと、そこで暮らすライフスタイルの歓びが必ず見えてきます。
    つぶやくような光の声、限られた空間の声には、構造から解放された大胆な自由を企画します。あの近代建築の巨匠ル・コルビジュが唱えた自由な平面の思想を発展させ、例えばですが、階段をあえて左右に配置して、生活に求められる最も有効なスペースを自由にする。あるいは、大胆なルーフバルコニーを庭のようにしつらえ、月や星を愛でる、水鏡に映える自然も愉しむなど。私たちアイネストの住まいは、その土地の声をライフスタイルの中に取り入れる作品だといえます。

  • その人の視線を魅了するイメージ

    Sight

    その人の視線を魅了する

    人を招き、人が集う住まいには、何が最も大切なのでしょうか。ともすれば花器や絵画、照明などに目が奪われがちですが、私たちアイネストは、お招きした人の視線がさまようことのないデザインを徹底して追求します。「次に何が待っているのか」という期待の視線を途切らせないことにこだわっています。
    玄関を開けると、見事な土間が広がり、そこで一服のおもてなしができる。ふと視線を伸ばすと、中庭の梅が飛び込んでくる。それは、その先をもっと見てみたいという想いを巧みに刺激する千利休のもてなしのようです。
    最近の作品では、玄関から続く天然の大理石の小道を進むと、住まいの中心には自然光が注ぐガラス張りのダイニングが待っている。まさに視線の驚きと感動を誘うおもてなしをデザインしています。

  • オートクチュールのこだわりイメージ

    Details

    オートクチュールのこだわり

    1ミリ単位で高さや厚さ、形状にこだわるのは、人の鋭い五感を信じているからにほかなりません。暮らし始めて感じる満足感と違和感の差は、細部の細部に宿る丁寧なつくり込みで決まります。不満を抱えながら、10年、20年暮らすことはあってはならないこと。例えば、キッチンや洗面設備、建具は、一軒一軒にふさわしいデザインとサイズを考え、いわばオートクチュールのようにオーダーします。ひとつひとつの部材を、洗練さ、上質感、肌触りやカラーなどにこだわり抜き、ないものは製造方法から考案し創ります。
    家事の動線へのこだわりも同じです。動きやすさは、暮らしやすさ。そう言葉にするのは簡単ですが、ミリ単位で創る動線はライフスタイルの点と点を結ぶ作品そのものだと考えています。こうしたオートクチュールによる住まいは、お客様が数年後に転居されることになったとしても、ご購入時よりも価値の高い作品として評価されています。

  • すべてを満たす安心へイメージ

    Fulfill

    すべてを満たす安心へ

    「なぜ、この住宅に満足し、住みたいと感じたのですか?」そう尋ねて、耐震強度など住宅性能が十分だから、という理由だけをあげる方はいらっしゃいません。本当の安心は、住まうご家族が、想像力のすべてを総動員し、さらに想像以上の歓びをいくつも手に入れたときに生まれるもの。私たちアイネストは、各分野のプロフェッショナルを集め、企画、設計、検証の時間を、おそらく他の住宅メーカーの何倍もかけて行います。その意味で、設計そのものがオートクチュールであり、真似はできても同じものは創れません。
    同じスペースの土地と建物を比べた体感空間は、アイネストの方が広く明るく、圧倒的に心地よいといわれます。「こんな空間の使い方があるのか」と、屋根裏のロフトスペースや庭の代わりとなるルーフバルコニーにも驚かれることが多くあります。こうした空間設計に限らず、動線の暮らしやすさも安心感の差となって現れます。すべてが満たされたと感じられる作品に、ぜひ会いに来てください。

  • Listen
  • Sight
  • Details
  • Fulfill

住まう方の感性に響く、住空間を創り出す。

i-nest「Designed House」

お問い合わせはこちら

pagetop